Home » Good Stuff Eatery

Good Stuff Eatery


Good Stuff Eateryの外観
Good Stuff Eateryはセレブシェフの1人Spike Mendelsohn氏によって2008年に最初の店がキャピタルヒルにオープンしました。

ハンバーガー屋にしては珍しく、環境に配慮していて使う食材も運送の過程で出る排気ガスをできるだけ削減し、質のいいものを消費者に届けるために、値段が高くても地元の食材を購入しているとうたっています。またできるだけ店で使う物もリサイクルすると同時に、客からの売り上げの1%も木の植樹に寄付をしています。

店内の様子
店内の様子
 

そういう店の姿勢もあってか、子供の食生活を改善するキャンペーン「Let’s Move」に熱心に取り組んでいるミシェル夫人のお気に入りのハンバーガー屋で、しょっちゅう訪れているそうです。

店内に飾られている写真
店内に飾られているオバマ大統領が訪問した時の写真
 

そんなGood Stuff Eateryをオバマ大統領が訪れたのは2011年8月3日のこと。債務上限問題で缶詰になって対応していたスタッフをねぎらうために、債務上限問題が片付いた後、そのまま当時のジャック・ルー行政予算管理局長(後の財務長官)やバイデン副大統領の首席補佐官や大統領補佐官ら関係したスタッフを引き連れて店を訪れました。

その際、オバマ大統領は「いつもミシェルが来てるんだけど私はあんまり出かけられないから・・」とミシェルのお気に入りの店であることを認める発言をしたそうです。

Good Stuff Eateryを訪れたオバマ大統領と側近ら
Official White House Photo by Pete Souza, Good Stuff Eateryを訪れたオバマ大統領と側近ら
 

店の人によると、オバマ大統領は普通のチェダーチーズバーガーとミルクシェイクを注文すると同時に、隣で並んでいた女性の会計まで支払ったそうです。オバマ大統領一行は2階の窓際の大きなテーブルに陣取って食事を楽しみました。

2階席の様子
2階席の様子。こじんまりしてますが居心地はいいです。
 

こういうオバマ大統領夫妻とのご縁もあってか、この店ではかつてシカゴでオバマ大統領に使えていた専属シェフでホワイトハウスのシェフSam Kass氏のと協力して、「オバマバーガー」と「ミシェルバーガー」を作りメニューの1つに加えました。

「オバマバーガー」は実際にミシェル夫人と娘のサーシャやマリアも食べたことがあるそうで、ホースラディッシュのマヨネーズや甘く煮詰めたレッドオニオン、ブルーチーズやベーコンがトッピングとして追加されたバーガーです。私も食べましたが、普通のハンバーガーとは違っていてユニークでなかなか美味しかったです。

オバマバーガー
オバマバーガー(the Obama Burger)
 

「ミシェルバーガー」は「Let’s Move」キャンペーンをしているミシェルにならってよりヘルシーな内容です。オーガニックか地元の食材を使い甘めの玉ねぎ、スイスチーズ、レタス、トマト、ホワイトハウスのハーブガーデンのマヨネーズと放し飼いのターキーで作ったバーガーで、小麦のバンではさんであります。

ミシェルオバマバーガー
ミシェルバーガー(Michelle Melt)
 

「ミシェル」バーガーも食べてみたところ、ちょっと変わったクリエイティブなハンバーガーでしたが、なかなかのお味でした。

話のネタの1つとして是非1度は訪れてみて下さいね。

Good Stuff Eatery
住所:303 Pennsylvania Ave S.E. Washington, D.C. 20003
電話:202-543-8222
詳細な情報は<http://www.goodstuffeatery.com/>Good Stuff Eateryの公式HPへ。