Home » US Politics and Economics / アメリカ政治経済 (page 8)

US Politics and Economics / アメリカ政治経済

オバマ大統領、対北朝鮮制裁を強化:北のソニー子会社に対するサイバー攻撃に対抗措置

オバマ大統領は2日、北朝鮮によるソニーの映画子会社「ソニー・ピクチャーズエンターテイメント」へのサイバー攻撃への対抗措置として、北朝鮮政府と労働党への追加制裁をを承認する大統領令に署名しました。 これを受け財務省が北朝鮮の人民武力部偵察総局、KOMID=朝鮮鉱業開発貿易会社、朝鮮檀君貿易会社の3団体と政府当局者 ...

Read More »

オバマ大統領:キューバとの国交正常化交渉開始を表明・首都ハバナに米大使館

アメリカのオバマ大統領は17日、 1961年以来、国交を断絶していたキューバと国交正常化交渉を始めると表明しました。 ほぼ半世紀ぶりとなるアメリカの対キューバ政策の歴史的な大転換で、アメリカは今後数カ月以内にキューバの首都ハバナに大使館を設置する予定です。 17日にホワイトハウスでキューバ政策について演説したオ ...

Read More »

FRB:利上げ開始まで「忍耐強く待つ」を新たに追加。「相当な期間」も併存。

FRB=アメリカ連邦準備理事会は17日のFOMC連邦公開市場委員会を開き、現行の事実上のゼロ金利政策を維持することを決めました。またゼロ金利を解除し、金融政策の正常化を開始できる状態になるまで「忍耐強く待つ(be patient)」との表現を初めて盛り込みました。 声明ではアメリカ経済について、前回同様「緩やか ...

Read More »

オバマ大統領、後任の国防長官にカーター氏を指名。難題山積。

アメリカのオバマ大統領は5日、事実上更迭したヘーゲル国防長官の後任に、実務経験が豊富で国防副長官を務めたアシュトン・カーター氏を指名すると発表しました。 60歳のカーター氏は名門エール大学で物理学と中世史を勉強した後、ローズ奨学生としてイギリスの名門オックスフォード大学で理論物理学の博士号を取得した物理学者です ...

Read More »

2014年11月のアメリカの雇用統計:32.1万人増、失業率は5.8%

アメリカの労働省が5日発表した11月の雇用統計によりますと、景気動向を敏感に映す非農業部門の雇用者数は市場の予想を大きく上回り前の月に比べ32万1000人増え、雇用情勢の回復を印象づける結果となりました。 就業者数の伸びは2012年1月の36万人増以来、2年10か月ぶりに高い水準で、今年の雇用増は11月までの段 ...

Read More »

オバマ大統領による論功行賞での大使任命に批判。

オバマ大統領の大統領選挙での資金集めに貢献した連続メロドラマのプロデューサーのコリーン・ベル氏とコンサルティング会社経営のノア・マメット氏が2日、それぞれハンガリーとアルゼンチンの 大使として正式に議会で承認されました。ベル氏もマメット氏も外交のど素人で、大使としての資質に欠けるとしてワシントンDCでは改めてオ ...

Read More »

ヘーゲル国防長官が辞任。ホワイトハウスとの軋轢で。

アメリカのオバマ大統領は24日、アメリカ軍を統括するヘーゲル国防長官の辞任を発表しました。ヘーゲル長官はイスラム過激派組織「イスラム国」やシリア情勢に対する対応などを巡り、ホワイトハウス側と意見が合わず退任に追い込まれた形で、事実上の更迭と言えます。 オバマ政権下で辞任する国防長官は2009年のオバマ政権発足以 ...

Read More »

2014年10月のアメリカの雇用統計:21.4万人増、失業率5.8%に低下

アメリカの労働省が11月7日に発表した10月の雇用統計によりますと、失業率が前の月の5.9%から0.1ポイント改善し5.8%に低下、2008年7月に並ぶ6年3カ月ぶり低水準となりました。 また景気動向を敏感に映す非農業部門の雇用者数は前月より21万4千人増え、労働市場回復の目安といわれる20万人を9カ月連続で上 ...

Read More »

米中間選挙:オバマ民主党が敗北!共和党が上下両院で過半数。 ワシントンDCではマリファナが合法化

オバマ大統領への事実上の信任投票でもあるアメリカの中間選挙が4日、全米で行われ、焦点だった上院は野党・共和党が8年ぶりに過半数を奪還、下院も過半数を維持し、共和党が上下両院を制しました。オバマ大統領の率いる民主党は惨敗を喫しました。オバマ大統領の残りの任期の政権運営は一段と厳しくなる見通しです。 今回の選挙では ...

Read More »

FRB・量的緩和の終了決定。ゼロ金利は「相当な期間」維持

FRB=アメリカ連邦準備制度理事会は29日、2日目のFOMC=連邦公開市場委員会を開催し、市場に大量の資金を供給する量的緩和策を今月いっぱいで終了するとことを決めました。一方で、ゼロ金利は「相当の間」継続する方針を改めて表明しています。 金融危機を受けて2012年9月から約2年に及んだ緩和第3弾は節目を迎え、今 ...

Read More »

中間選挙まであと10日。焦点の上院選で共和党がやや優勢。

11月4日に行われるアメリカの中間選挙まであと10日となりました。アメリカの各種の世論調査によりますと、焦点となっている上院選では、オバマ大統領の支持率が低迷する中、野党共和党がやや優勢で、与党民主党が引き続き過半数を握れるかどうかは微妙な情勢となっています。 米紙ウォールストリートジャーナルとNBC テレビが ...

Read More »

2014年9月アメリカの雇用統計:失業率は5.9%

アメリカの労働省が10月3日に発表した9月の雇用統計によりますと、失業率が前の月の6.1%から0.2ポイント改善して5.9%に低下しました。 失業率が5%台まで低下するのはリーマンショック前の2008年7月の5.8%以来、6年2ヶ月ぶりのことです。 一方、景気の動向を敏感に反映する非農業部門の雇用者数の伸びは8 ...

Read More »