Home » DC Information / DC情報 » オバマ大統領がメルケル独首相を連れて行った、DCで間違いない高級アメリカ料理店はここ!

オバマ大統領がメルケル独首相を連れて行った、DCで間違いない高級アメリカ料理店はここ!


ワシントンDCにはアメリカ大統領らが訪れるレストランが数々ありますが、今日はそんなレストランの中でもDCでは高級で間違いないとレストランとして知られる、ジョージタウンにある「1789」を紹介します♪

1789 の店内上品な雰囲気の1789店内

1789はジョージタウンにある上品で雰囲気の良いアメリカ料理のレストラン。特別なお客さまを招待しアメリカらしさを伝えるには もってこいのお店です。

レストランが開店した1969年当時の雰囲気のまま、店内は趣味のいいアンティークの家具で装飾され、地元の良質な食材を使った料理でとても美味しいです。

日本を含む各国の大使館も常連客です。

ワシントンDCのレストラン団体が毎年優れたレストランに賞を送るラミー賞で2000年には「Fine Dining Restaurant of the Year」を受賞するなどしています。

私も何度も訪れていますが、上品で落ち着いた雰囲気の店内は安心して大切な人を連れて行ける空間です。

そんな1789をオバマ大統領がドイツのメルケル首相を伴って来店したのは2011年の6月6日午後7時、ホワイトハウスで行われる公式晩餐会の前日の夜のことでした。アメリカにとっては重要なドイツの首相を連れて来る場所として選んだのですから、オバマ大統領(ホワイトハウススタッフ?)も同じように感じていたんでしょうね!

June 6, 2011Official White House Photo by Pete SouzaWhite House Photo by Pete Souza1789に歩いて入るオバマ大統領とメルケル首相
 

2人が座ったのは2階にあるWickets Roomで、頼んだのは「サマーサラダ」「ビートのサラダと牛肉のテンダーロイン」。デザートは頼まなかったとのこと。

1789のオバマ大統領とメルケル首相1789で話し込むオバマ大統領とメルケル首相

ちなみにお店の支配人によるとホワイトハウスから夕食の予約が来たのは午後4時のこと。あまりの急な予約でビックリしたそうです。

1789 の看板

 

お勧めは「トマトとモッツアレラのカプレーゼ」↓

トマトとモッツアレラのカプレーゼ

「緑の野菜スープ」↓

野菜スープ

「イカや蟹肉が入ったイカスミのパスタ」↓や「ポテトニョッキ」「ダック」や「モンクフィッシュ(アンコウ)」など。

イカスミのパスタ

是非、特別な人を連れて大切な機会に訪れてほしいレストランです♪ 何かの記念日や、重要な取引先のお客様のおもてなしなどに是非、一度訪れてみて下さいね!

1789
住所:1226 36th Street, NW Washington, DC 20007
電話:202-337-1541
HP: 予約はこちらの1789の公式HPから。

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!