Home » US Politics and Economics / アメリカ政治経済 » アメリカ大統領選:共和党はトランプ氏が4州のうち3州で勝利!民主は一勝一敗。

アメリカ大統領選:共和党はトランプ氏が4州のうち3州で勝利!民主は一勝一敗。


アメリカ大統領選の候補者指名争いは8日、共和党がミシガン、ミシシッピ、ハワイ、アイダホの4州で、民主党がシガン、ミシシッピの2州でそれぞれ予備選や党員集会を開催し、トランプ氏が4州のうち3州を制し、指名獲得にまた一歩近づいた一方で、民主党は一勝一敗の結果となりました。

集計結果によりますと、トランプ氏はミシガン州で37%、ミシシッピ州で47%、ハワイ州で42%の支持をそれぞれ獲得し、2位以下に大きくリードして3勝。ライバルのクルーズ氏がアイダホ州で45%の支持率を集め1勝した一方で、ケーシック氏やルビオ氏はいずれの州でも3位か4位で、支持を伸ばすことはできませんでした。

ニューヨークタイムズ紙の集計によりますと代議員数はトランプ氏が71人を追加して458人、クルーズ氏が56人追加して359人、ルビオ氏は変わらず151人のまま、そしてケーシック氏が17人追加して54人と言う結果になりました。

共和党の選挙結果NYT
共和党の8日の選挙結果。NYTより

15日に予備選が行われるフロリダ州で演説したトランプ氏は「小さなルビオが私を助けてくれた。なぜならルビオが最初に『テッドクルーズは嘘つきだ』と言ったからだ。政治家はみんな嘘つきだ」などと述べて、ルビオ氏とクルーズ氏を攻撃するとともに、「テッド・クルーズ上院議員は私を負かすことはできない」と述べて、指名獲得に自信をのぞかせました。

以下はトランプ氏のフロリダ州での演説(動画)↓

一方の民主党が行った2州予備選ではヒラリー・クリントン前国務長官(68)が大票田のミシシッピ州で実に83%もの圧倒的支持を得て勝利したのに対し、ミシガン州は接戦の末、わずか2ポイント差でバーニー・サンダース上院議員(74)に競り負け、1勝1敗となりました。

ニューヨークタイムズ紙の集計によりますと、代議員数ではミシガン州の方が多かったためクリントン氏が87人を追加して760人、サンダース氏が69人を獲得して546人と更にその差を広げました。

民主党の選挙結果NYT
民主党の8日の選挙結果。NYTより

トランプ氏は今回の選挙戦で4州のうち3州を制し、更に指名獲得に向け弾みとなりましたが、共和党の主流派を中心に「反トランプ氏」の動きは根強く、最近でもトランプ氏を中傷するコマーシャルが各地で大量に流されるなど妨害活動が活発化しています。

その影響があったのか、8日に明らかになったウォールストリートジャーナル紙とNBCニュースの世論調査によりますと、全米の支持率は共和党ではトランプ氏が30%と1位だったものの、2位のクルーズ氏の27%に比べわずか3ポイントリードとその差が縮まっていることが明らかになりました。

また3位にはケーシック氏が22%で支持率が伸びて来ているのに対し、ルビオ氏は20%と最下位に落ち込んでいます。

共和党支持率WSJ:NBC 共和党候補への支持率の世論調査結果(WSJ/NBCより)

一方、同じ世論調査で民主党の方はクリントン氏が53%の支持率だったのに対し、サンダース氏が44%と、その差がこちらも9ポイントと、1月時点での24ポイント差、2月時点での11ポイント差よりさらにその差が小さくなって来ていることが明らかになりました。

民主党支持率WSJ:NBC 民主党候補への支持率の世論調査結果(WSJ/NBCより)

今後の焦点は代議員の勝者総取りが解禁される15日の「ミニスーパーチューズデー」です。15日にはライバルのマルコ・ルビオ上院議員(44)が地盤とするフロリダ州、ジョン・ケーシック氏(63)が知事を務めるオハイオ州の予備選も行われますが、この2州は代議員が多いこともありここでトランプ氏が勝利すれば指名獲得に向け一気に駒を進めることになります。

政治専門サイトのリアルクリアポリティックスによりますと、フロリダ州では3月2日〜7日に行われた世論調査の平均ではトランプ氏が41.3%、ルビオ氏が24.5%と、圧倒的な首位に立っている一方で、オハイオ州ではトランプ氏は39%で1位を保っているものの、2位のケーシック氏とはわずか5ポイント差となっています。

フロリダ州での世論調査の平均(3月2〜7日)
※共和党候補への支持
トランプ氏 41・3%
ルビオ氏 24.5%
クルーズ氏 24.5%
ケーシック氏 8.3%

オハイオ州での世論調査の平均(3月2〜7日)
トランプ氏 39.0%
ケーシック氏 34.0%
クルーズ氏 15・3%
ルビオ氏 7.0%

トランプ氏がこのままフロリダ州とオハイオ州で逃げ切って指名獲得をほぼ確実にするのか、ルビオ氏やケーシック氏が地元の意地を見せるのか、15日のミニスーパーチューズデーは見逃せない展開になっています!

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!