Home » US Society / アメリカ社会 » 歩けなかった難病の少女が愛犬のおかげで・・・。少女と犬の心温まる友情に全米が感動!

歩けなかった難病の少女が愛犬のおかげで・・・。少女と犬の心温まる友情に全米が感動!


骨に異常が起こる難病のため、自力で歩くことが出来なかったある少女が、愛犬の助けを借りて歩くことができるようになった様子が全米で公開され、その心温まる少女と犬の友情に、アメリカで静かな感動を呼んでいるのでご紹介します!

ジョージを抱きしめるベラちゃん ベラちゃん(11)と犬のジョージ。ABCテレビより(※以下の写真全て)

少女の名前はベラちゃん、11歳。小学校5年生です。

ベラちゃんは手足の骨が変形したり、胸の骨が釣り鐘型に突出するなど骨の成長に異常が生じる先天性の難病、モルキオ症候群だと2歳の時に診断されました。

病気の影響で手足も異様に細いベラちゃんは自力で歩くことはできず、これまで車椅子や、松葉杖を使って来たものの、思い通りに動くことは出来ずに歯がゆい思いをして来ました。

車椅子に乗ってるベラちゃん 車椅子に乗っているベラちゃん。

ベラちゃん 松葉杖を使っているベラちゃん。

ところが、犬のジョージと出会って、ベラちゃんの生活が一変しました。ベラちゃんとジョージはすぐに友情を育み、出会ってからはジョージもベラちゃんを守ろうと片時も離れようとはしなかったそうです。

そして、ベラちゃんはジョージの助けを借りて歩き始めたのです!

ジョージと一緒に歩くベラちゃん ジョージの助けを借りて自分の足で歩くベラちゃん

ちょうど背丈が同じくらいの犬のジョージの背中にベラちゃんが手を置くと、ジョージはベラちゃんに合わせてゆっくりと歩き出し、ベラちゃんもジョージにもたれかかりながら、自分の芦で歩けるようになったのです!

それ以来、本当にいつも一緒の2人。

一緒に歩く2人 いつも一緒の2人

小学校でも、ベラちゃんはジョージの背中に手を置いて歩き、クラスに向かいます。ジョージはベラちゃんが自分の席に座ったのを確認すると、毎回、安心したようにその足下に座り、授業の間はずっと大人しく待っていると言います。

授業の間、足下で寝ているジョージ 授業の間、ベラちゃんの足下で寝ているジョージ

夜も一緒のベッドで眠っている2人。ジョージは片時も離れず、ベラちゃんを守ろうとしているそうです。

ベラとジョージ 夜眠る時も一緒の2人

この様子をビデオで見て、2人の友情の深さ、ジョージのけなげさに、素直に感動し、心がほんわか温かくなりました。

とっても可愛らしい2人の様子を是非、以下のビデオで見てみて下さいね。ほんわか温かい気持ちになりますよ!↓


ABC Breaking News | Latest News Videos

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!