Home » US Politics and Economics / アメリカ政治経済 » クリントン氏の議会証言、アメリカメディアは「勝利」と結論。ライバルがまた1人脱落

クリントン氏の議会証言、アメリカメディアは「勝利」と結論。ライバルがまた1人脱落


来年のアメリカ大統領選の民主党有力候補ヒラリー・クリントン氏は国務長官在任中に起きたリビアで大使などが殺害された事件や私用のメールアドレスを公務に使っていた問題を巡って22日、議会で証言しました。共和党側はおよそ11時間にも渡って執拗にクリントン氏の追及を繰り返しましたがクリントン氏は終始落ち着いた様子で「対応に問題はなかった」などと主張し、公聴会を無難に乗り切りました。

公聴会で証言するクリントン氏 公聴会で証言するクリントン氏

公聴会でのクリントン氏

下院特別委員会の公聴会で、共和党側はクリントン氏が国務長官を務めていた2012年9月に、リビアにあるアメリカの領事館が襲撃され、大使など4人が殺害された事件を巡り事前に領事館が襲撃される可能性があると知りながら対策をとらなかったと攻撃しましたが、クリントン氏は「情報機関や国防総省、国務省などからベンガジから退避するよう促されたことはなかった」と強調し当時の対応に誤りはなかったと主張。

また「私はあなたたち全員を合わせたよりも事件について考え、眠れない夜を過ごし、もっと何かできたのではないか、すべきだったのではないかと悩んできた。」と述べた上で、「私は責任を取り、悲劇を起こさないよう改革を始めた。」とも語り、共和党側の執拗な攻撃をかわしました。

以下は、2度と悲劇が起きないよう、改革に着手した、と公聴会で語るクリントン氏の様子↓

As Secretary of State, Hillary implemented reforms to better protect diplomats in the field and help prevent future attacks. #Benghazi

Posted by Hillary Clinton on 2015年10月22日

また、公務で私用メールアドレスを使っていた問題について、共和党のガウディ特別委員長が「普通ではない!」と批判しましたが、クリントン氏は私用メールを使ったことは「間違いだった」としながらも、。「『機密』と記された情報は送っても受け取ってもいないし当時、私用メールの使用は禁止されていなかった」などと主張しました。

この特別委の設立の趣旨を巡っては、共和党の次期下院議長有力候補だったマッカーシー院内総務がうっかり、「大統領選有力候補のクリントン氏の支持率を下げるため」だと示唆する発言をして、議長への立候補断念に追い込まれる事態が起きるなど、そもそもこの特別委はクリントン氏を標的にした党利党略の性格があると指摘されています。

このため、公聴会の冒頭では共和党のガウディ委員長は「(委員会は)あなたを標的にしていない」と釈明したほか、クリントン氏を執拗に追求する共和党議員側と民主党議員の間で言い争いになる場面もありました。

アメリカメディアの評価は?

ワシントンポスト
「共和党は決め手に欠けた」
「クリントン氏は落ち着いた対応を続けた。」
「クリントン氏は周到に準備をしていた」
「クリントン氏は堂々としていて大統領らしかった」
「67歳にしては11時間も証言を続ける素晴らしいスタミナを見せた」
などとして、クリントン氏が公聴会で共和党に勝利した、と結論づけました。

このほかのアメリカメディアもこぞって、クリントン氏が無事に公聴会を乗り切って、勝利したとしています。以下はその一例です。

ABCテレビ
「ヒラリーを捕らえるために設置された委員会は、ヒラリーを捕らえることは出来なかった。The ‘get Hillary’ committee did not get Hillary.」

NBC
「共和党は政治的でないように見せようとしたが、結局クリントンが勝った。In The GOP Attempt To Look Apolitical, Clinton Won.」

CNN
「クリントン氏は大統領選へのダメージを回避した。Clinton avoided major damage to her presidential campaign.」

USA Today
「ベンガジ公聴会は共和党の明らかな勝利ではなかった。No clear wins for GOP at Benghazi hearing」

Politico
「クリントンは生き残った!Clinton survives…」

 

またライバルが1人撤退

一方で、民主党のリンカーン・チェイフィー前ロードアイランド州知事(62)が23日、ワシントンで開かれた党の会合で、大統領選の民主党候補者指名争いからの撤退することを表明しました。

先日のジム・ウェッブ前上院議員に続いての2人目の脱落で、これでクリントン氏の主要なライバルはバーニー・サンダース氏となりましたが、最新の世論調査によりますと支持率ではクリントン氏が49%, サンダース氏が 29%とダントツの首位を保っています。

最大のライバルになる見通しだったバイデン副大統領も大統領選への不出馬を表明したばかりで、クリントン氏への支持がより高くなる可能性もあります。だんだん民主党の大統領候補への道が近づいて来ているようです。

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!