Home » DC Information / DC情報 » 一般公開!ホワイトハウスのローズガーデンツアーは今週末です。お見逃しなく♫

一般公開!ホワイトハウスのローズガーデンツアーは今週末です。お見逃しなく♫


毎年、春と秋の年2回だけ一般公開されるホワイトハウスのローズガーデンツアーがいよいよ今週末に行われます。ホワイトハウスの敷地内に入る絶好の機会ですので、まだ行ったことがない人はお見逃しなく!

ホワイトハウス ホワイトハウスのこういう写真が撮れますよ!

アメリカ合衆国大統領が住み、執務を行う官邸そして公邸の機能を持ち、世界の政治の中心と言っても過言ではないホワイトハウス。以前はホワイトハウスの建物内のツアーも一般人に公開されていましたが、今ではアメリカの下院議員や上院議員、アメリカ政府の職員などの紹介がないと建物内のツアーに参加できないので、なかなか一般人には敷居が高いのが実情です。

しかし、春と秋に行われるローズガーデンツアーだけは、今も一般に公開されているので、ホワイトハウスの敷地内に入ってゆっくり見学ができるいいチャンスです。

この秋の一般公開は明日17日(土)午前10時〜午後4時半18日(日)の午前10時〜2時半となっています。

このツアーではローズガーデンジャクリーンケネディガーデンミシェルオバマ大統領夫人の菜園のほか、公式イベントなどがよく開かれる南の芝生(South Lawn)を歩いてゆっくり見学することができます。

花が咲き乱れるローズガーデン 薔薇など花が咲き乱れるローズガーデン

ローズガーデンでの記者会見の様子  ローズガーデンで行われたオバマ大統領の記者会見の様子。                              右手に映ってるのがプロンプターでこれを読んで会見してます。

チケットは15th and E StreetsにあるEllipse Visitor Pavilionに行けば、国立公園局の担当官が午前9時から無料で配布しています。

私も何度か参加しましたが、比較的簡単にチケットが手に入りましたが、年々人気が高まっているようなので、絶対に行きたい人は早め早めにチケットを入手することをお勧めします。(チケットは早い者勝ち)

May 2, 2014. Official White House Photo by Pete Souza     Official White House Photo by Pete Souza 2014年5月2日                               ミシェル婦人の菜園を案内するオバマ大統領とドイツのメルケル首相。

ツアーに参加する時に注意しなければ行けないのは持ち込み禁止のものが結構多い、と言うことです。

ホワイトハウスによりますと、カメラや、I-phoneなどの携帯電話は持ち込むことはもちろんOKなのですが、カバンやバックパック、スーツケースのほかI-pad,ビデオテーム、セルフィー棒などは持ち込み禁止で、ホワイトハウスにはそうしたものを一時的に預けておく場所が一切ないので、持って行くものに関しては細心の注意を払う必要があります。

以下は、ホワイトハウスのガーデンツアーへの持ち込みが禁止されているもの一覧です。

・タブレット、iPads, 三脚、セルフィー棒
・ビデオレコーダー
・カバン類全て。女性用バッグやバックパック、スーツケース含む
・サービス犬以外の動物
・自転車、折りたたみイス、先がメタルの傘、風船
・クーラー、保温瓶、メタルのコンテイナー
・サインや旗など
・ナイフなど、先がとがっているもの
・おむつ
・食べ物、飲み物、タバコ、ライター、エアゾール
・武器、銃弾、花火、スタンガン、ペッパースプレイ、
 おもちゃの武器など、安全を脅かす可能性のあるものすべて

こうあげると、結構多いですねぇ〜。

でも、ホワイトハウスの敷地内に入ったことがないのであれば、ローズガーデンツアーはとってもいい機会です。天気がいいとかなり気持ちがいいので、今週末、時間がある人は試しにのぞいてみてくださいね。自分のペースでゆっくり見学することが出来ますよ。

ローズガーデンツアー詳細はこちらのホワイトハウスが発表したプレスリリース(←クリック!)をご覧下さい。

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!
 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!