Home » DC Information / DC情報 » 中国の習近平国家主席夫妻がワシントンDC訪問中。パンダに関して重要な発表が!

中国の習近平国家主席夫妻がワシントンDC訪問中。パンダに関して重要な発表が!


法王フランシスに続き、24日、ワシントンDCに到着した中国の習近平国家主席夫妻ですが、25日、彭麗媛夫人がミシェル・オバマ大統領夫人とともにワシントンDCのスミソニアン国立動物園を訪れ、8月に生まれたジャイアントパンダの雄の赤ちゃんを”「ベイベイ」”と命名すると発表しました。

赤ちゃんパンダ「ベイベイ」「ベイベイ」と名付けられた赤ちゃんパンダ。国立動物園のTwitterより

「ベイベイ」は漢字では「貝貝」と書き、「宝物」の意味があり、ミシェル夫人と彭麗媛夫人が候補の名前が並んだリストの中から2人で選んだと言うことです。ベイベイのお姉さんで2歳になるバオバオ(BaoBao)もほぼ同じ意味があると言うことでお姉さんと名前を揃えたとしています。

米中のファーストレディが名前を披露する様子↓。国立動物公園のFacebookより。

 

The First Ladies reveal the chosen name with students from Washington Yu Ying Public Charter School.

Posted by Smithsonian’s National Zoo and Conservation Biology Institute on 2015年9月25日

国立動物園によりますと、赤ちゃんパンダのベイベイはまだ目は見えませんが、耳は聞こえるようになったと言うことで、物音などに反応するようになりました。また体重は2.95パウンド(1.338キロ)と生まれたときの10倍にまでなり元気に成長中だとしています。

以下は、体重を測ってもらってるベイベイです。ぬいぐるみみたいで可愛いので見てみて下さい♫ ↓

 

Keepers were able to weigh the panda cub yesterday and he’s 2.95 pounds of adorable! The 4.5 week-old cub is now larger than both his siblings were at the same age. Bao Bao was about 2 pounds and Tai Shan was 2.6 pounds. He had a veterinary exam Sept. 17, and he’s 31 centimeters long from his head to the tip of his tail. He is able to push himself up on his 10 centimeter-long front legs and sometimes scoots around the den. He’s not walking yet, though. But, he can hear now! Keepers noticed that he reacted to the noise of a door opening on Saturday. His eyes won’t open for another few weeks. #PandaStory

Posted by Smithsonian’s National Zoo and Conservation Biology Institute on 2015年9月22日

一方、オバマ大統領と習主席は25日、ホワイトハウスでおよそ2時間に渡り首脳会談を行った後、共同記者会見に臨み、米中政府がお互い、企業秘密などを盗んだりするサイバー攻撃を支援しないことを確認し、サイバー攻撃大作に関する閣僚級の対話の枠組みを創設することで合意したと発表しました。

アメリカメディアによりますと、アメリカ政府や企業は中国からのサイバー攻撃により何十億ドルに相当する情報を盗まれたとされていますが、中国側はこうしたサイバー攻撃を支援しているとは一切認めておらず、「我々も被害者だ」との立場なので、今回の米中政府の間の取り決めがどこまで実効性があるのかは多いに疑問が残ります。(中国はこんな取り決めは無視してしまうのではないでしょうか?)

米中首脳オバマ大統領と習国家主席。ホワイトハウスのFacebookより。

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!