Home » DC Information / DC情報 » 国立動物園の赤ちゃんパンダ:元気に成長中。死ぬほど可愛過ぎると話題に!

国立動物園の赤ちゃんパンダ:元気に成長中。死ぬほど可愛過ぎると話題に!


ワシントンDCのスミソニアン国立動物園で22日にジャイアントパンダのメイシャンが出産した赤ちゃんパンダがようやくパンダらしく、可愛らしくなって来ました♫

 

Our cub is starting to look like a little giant panda! His black markings have come in, and his back saddle looks just…

Posted by Smithsonian’s National Zoo and Conservation Biology Institute on 2015年9月15日

国立動物園はFacebook上で、パンダらしくなって来た赤ちゃんパンダの写真を公開。生まれた時にはわずか138gだったこの赤ちゃんですが、すくすく元気に育ち、今では881・5gまで成長したと言うことです。

生後6〜8週間たたないと目も開かない赤ちゃんパンダですが、動物園の飼育担当者によりますと、父親のティアンティアンや、お姉さんのバオバオと同じように、この赤ちゃんパンダも手を目の上にあてて眠ることがあるそうで、既に親子で仕草がそっくりだと言うことです。

パンダらしくなってきた愛らしい写真に、アメリカのメディアでも「死ぬ程可愛過ぎる!(Cute as hell!)」と話題になっています♫

可愛過ぎる!との記事

「死ぬ程可愛過ぎる!」と伝えるDCの人気サイト

お母さんのメイシャンも、出産後は自分の部屋に閉じこもって育児にかかりきりで、赤ちゃんから離れることはほとんどなかったそうですが、最近では赤ちゃんを残して、ご飯を食べに行くほど余裕が出て来たと言うことです

パンダのメイシャンと赤ちゃんメイシャンと赤ちゃんパンダ。国立動物園のFacebookより

赤ちゃんの名前の公募もそろそろ始まりそうです。この赤ちゃんが一般に公開される来年の1月が待ち遠しいですね!それまで元気にすくすく育って欲しいものです。

以下をぽちっと押して頂けると嬉しいです。宜しくお願い致します!
 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!