Home » DC Information / DC情報 » DCの国立動物園でパンダの双子の赤ちゃん誕生!胎児確認からわずか3日後のスピード出産!

DCの国立動物園でパンダの双子の赤ちゃん誕生!胎児確認からわずか3日後のスピード出産!


ワシントンDCのスミソニアン国立動物園で妊娠し出産間近と見られていたジャイアントパンダのメイシャン(Mei Xiang) が早くも22日夕方、無事に赤ちゃんを出産しました!

出産中のメイシャン
出産中のメイシャン。国立動物園のFacebookより

メイシャンは4月下旬、遺伝子的に最も適合すると判断された中国四川省にあるパンダ保護研究所の9歳の雄のパンダの凍結精子と、同じ動物園のパンダティエンティエンの精子を数回に渡って人工授精し、数日前の超音波検査で初めて胎児らしきものが確認され、はやければ今月28日から9月にかけて出産予定と見られていました。

ところが、獣医たちの予想よりも全く早い22日の午後4時32分になってメイシャンが破水、出産が始まったとの速報が流れ一気に関係者の間で緊張が高まりました!当初は数時間かかるかもしれない、とも言われていましたが、出産の様子が全て生カメラで中継される中、陣痛と闘ったメイシャンはほぼ1時間後の午後5時35分に無事、赤ちゃんを出産したことが確認されました。

VIDEO: Giant panda Mei Xiang’s water breaking. Still watching, waiting and hoping for a healthy panda cub. #PandaStory

Posted by Smithsonian’s National Zoo and Conservation Biology Institute on 2015年8月22日

メイシャンが破水する様子

ICYMI: Giant panda Mei Xiang gave birth at 5:35pm. Chief vet Don Neiffer says cub is vocalizing well and Mei is a great…

Posted by Smithsonian’s National Zoo and Conservation Biology Institute on 2015年8月22日

メイシャンの出産の様子

そして、驚いた事に、それから数時間後の午後10時07分に2匹目の赤ちゃんも出産。実はメイシャンは双子を妊娠していた事が分かり、関係者一同、ビックリするとともに大喜びしたと言う事です。

動物園のスタッフは、赤ちゃんもメイシャンもともに「とても元気にしている」と話しています。
赤ちゃんパンダの性別はまだ不明で、中国にいる9歳のパンダか、同じ動物園にいるティエンティエンのどちらが父親かはDNA鑑定で確定する予定です。もしかして1匹づつが違うお父さんだった、なんてこともあるのかもしれませんね!?

メイシャンが出産するのは2005年以来、5回目ですがそのうち1匹は死産、もう1匹は出産して6日後に亡くなっており、生存している子供は今回で3匹目となります。(最初の子供は既に中国に戻っています。)

メイシャンはこのあと1〜2ヶ月は自分の部屋にこもって、育児に専念すると見られていますが、今回生まれた赤ちゃん2匹が無事にすくすく育つといいですね!

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!