Home » DC Information / DC情報 » ワシントンDCでレストランウィーク開始!早速Vidaliaへ夕食に出かけて来ました♪

ワシントンDCでレストランウィーク開始!早速Vidaliaへ夕食に出かけて来ました♪


ワシントンDCエリアのレストラン250以上が参加する、夏恒例のレストランウィークが17日から始まりました。この週だけは手頃な値段で食事が楽しめるので、早速予約をして夕食に出かけて来ました♪

Vidalia外観
Vidalia外観
参加しているレストランであればどこでも基本的にはランチは22ドルディナーは35ドルのプリフィックス(コース料理)と言う、いつもよりお得なコースが用意されているこのレストランウィーク。参加店は250もあるのでどこに行こうか散々迷ったのですが、今回はアメリカ南部料理のレストランVidaliaに行ってみることにしました。

このVidalia は、シェフのジェフリーバベンさんが妻とともにワシントンDCで初めて1993年にオープンしたお店です。友人の間でも「美味しい!」と評判になっていたのでランチには来た事があるのですが、夕食の時間帯のメニューはアラカルトもあるものの、基本的には1人80ドルする5品が出て来るコースメニューなので、何となくこれまで夕食では来た事がありませんでした。

でも、今日はレストランウィーク!と言う事でVidaliaでも1人35ドルで前菜、メイン、デザートの3品をそれぞれいくつかある選択肢の中から自分の好みを選んで行くコースが用意されていていつもよりお手頃だったので、試しに行ってみる事にしました。

店内の様子
Vidaliaの落ち着いた雰囲気の店内
まず前菜に頼んだのはガスパッチョのスープ。思い描いていたトマト色のスープではなくコンソメのようなちょっと変わったスープでしたが、蟹などが入っていてとっても美味でした。友人が頼んだ牛肉のタルタルも味見しましたが新鮮で、なかなか美味しかったです。

ガスパッチョ
コンソメ風のガスパッチョ
 

牛肉のタルタル
牛肉のタルタル
この店の名物は南部料理のエビとグリッツや、牛肉のショートリブ、ダックの胸肉など、と言う事で私は牛肉のショートリブを頼みましたがお肉がかなり柔らかくて付け合わせのマッシュポテトや野菜ととっても良く合ってさすがにお店の自慢の一品、と言う感じでした。友人が頼んだダックも味見しましたが、まわりの皮にしっかり味付けがしてあって、そして中のお肉はぷりぷりで、これも美味しかったです。

牛肉のショートリブ
やわらか〜い!牛肉のショートリブ
 

ダック
ダックの胸肉
そしてデザートはレモンパイとパンナコッタを頼みました。美味しかったのですが、もうその時点でかなりお腹いっぱいで全部はとてもじゃないけど食べきれませんでした〜。3品だけで十分。普段の5品のコースメニューはとても食べきれない!と思いました☆

ミルクのパンナコッタ
ミルクのパンナコッタ
 

レモンパイ
レモンパイ。アメリカ人好みの甘さ!
1人35ドルでコースメニューが食べられるレストランウィークはやっぱりとってもお得な感じなのですが、自分の選択次第ではプラスで4ドルとか6ドルとか追加されるメニューもあるので要注意です!Vidaliaの場合はガスパッチョは蟹肉が入ってるためか、追加で4ドル、名物のダックの胸肉が追加で8ドルも追加されてしまったので、ちょっとその点が残念でした。

バーもあります
Vidalia店内にはバーもありますよ
でも、それでも普段よりは手頃なお値段で食事が出来たし、お店の雰囲気もおしゃれで素敵な空間だったので私も友人もとっても満足でした!
ワシントンDCのレストランウィークは23日まで1週間に渡って行われるので、是非この機会に気になっているレストランをお手頃価格で試してみて下さいね〜

Vidalia
住所:1990 M Street NW Washington DC 20036
電話:202-659-1990
予約はこちらのVidaliaの公式HPから
レストランウィーク
詳細については
レストランウィークの公式HPから。

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!