Home » US Society / アメリカ社会 » ワールドカップ優勝のアメリカの女子サッカーメンバーのビックリするほど少ない平均年収に注目が。その額とは。

ワールドカップ優勝のアメリカの女子サッカーメンバーのビックリするほど少ない平均年収に注目が。その額とは。


日本、そしてアメリカ中が注目したサッカーの女子ワールドカップカナダ大会の決勝戦では、日本代表「なでしこジャパン」は、惜しくもアメリカに2対5で敗れ、大会連覇はならず、準優勝。アメリカは4大会ぶり、史上最多の3回目の優勝となり、アメリカ中が沸き返りました。優勝をもたらしたアメリカチームのメンバーは凱旋帰国し大歓迎を受けましたが、彼女達の年収の少なさに改めて注目が集まってます。

優勝したアメリカ女子サッカーチーム
優勝したアメリカ女子サッカーチーム。Facebookより。

今回のワールドカップカナダ大会の決勝戦の様子は全米で2500万人以上が観戦し、これまででも最も視聴率の高い試合となるほどアメリカでは注目を集めていました。

しかし、今更に注目を集めているのは彼女達の年収の低さです。アメリカメディアによりますと、女子サッカー選手らの年収は平均してわずか1万4000ドル(約172万円)と、アメリカでは貧困レベルとされる1人あたりの年収の1万1770ドル(約145万円)をわずかに上回るだけだと言うのです。

それに対し、優勝もしていないアメリカの男子サッカーチームのメンバーの平均年収は30万5000ドル(約3751万円)と、女子サッカー選手のなんと22倍近くもの年収を稼いでいる事が明らかになり、あまりの不公平さが問題視され各主要メディアで大々的に取り上げられています。

凱旋帰国
凱旋帰国したメンバー。Facebookより

また、ロイターによりますとFIFAワールドカップサッカーブラジル大会で用意された賞金額が合わせて5億7600万ドル(約708億円)なのに対し、今年の女子ワールドカップサッカーで用意された全賞金額は1500万ドル(約18.5億円)と極端に少ないことも問題視されています。

詳細な数字をあげると、去年のワールドカップブラジル大会で決勝戦にすら進めなかったアメリカの男性チームに対しては上記の5億7600万ドルのうち900万ドル(約11億円)が支払われたのに対し、今回のワールドカップで優勝した女子チームへの賞金はわずか200万ドル(約2億4600万円)と、優勝もしていない男性チームの方が4.5倍もの賞金を手にしていることになります。

ちなみに去年のワールドカップで優勝したドイツの男性チームには3500万ドル(約43億円)も支払われており、単純に女性優勝チームが受け取る額の実に17.5倍と信じられない程の差があるのが実情です。同じ優勝チームなのに、男性と女性と言う違いだけでこれほどまでに賞金額に差があるのはもはや性差別と言ってもいいのではないでしょうか。

女子サッカー
男性に比べ圧倒的に年収が少ない女性選手。Facebookより

女子サッカー選手への平等賃金を求めて2万人もの人が立ち上がり、キャンペーンを繰り広げていますが、FIFAー国際サッカー連盟はあまり真剣に動こうとはしていないようです。

FIFAと言えば、先日現職の副会長2人を含む複数のFIFA幹部がワールドカップの招致やテレビ放映権に絡む賄賂の受け取りやマネーロンダリングなどの容疑で逮捕、起訴されると言う醜聞が露呈したばかり。私服を肥やすことだけに専念するのではなく、ここはきちんと女性に対する待遇の改善も真面目に取り組んで欲しいものです。

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!