Home » US Society / アメリカ社会 » アメリカのカリスマ主婦の走り:マーサ・スチュアートさん、業績低迷で会社を身売りへ?

アメリカのカリスマ主婦の走り:マーサ・スチュアートさん、業績低迷で会社を身売りへ?


アメリカの元祖「カリスマ主婦」で女性実業家のマーサ・スチュワートさんが創業した会社「マーサ・スチュアートリビング・オムニメディア」の業績低迷を受け、近く身売りされると19日付けのウォールストリートジャーナルが報じました。

マーサ・スチュアートさん
マーサ・スチュアートさん。Facebookより

マーサ・スチュアートさんと言えば、料理、園芸、手芸、室内装飾など生活全般のライフスタイルを提案するライフコーディネーター・クリエーターとして知られ、彼女のライフスタイルに憧れて実践する主婦たちはマーサホリック(マーサ中毒)とも呼ばれ一大ブームを巻き起こしました。

テーブルコーディネート
マーサ・スチュアートさんのテーブルコーディネート。Facebookより

マーサ・スチュアートさんは1976年にケータリングのビジネスを友人とともに始めて成功したのに続き、出版会社のケータリングを引き受けた縁で1982年に料理の本を出したところベストセラーに。(ちなみにこの本は実際にはゴーストライターが書いたそう。)

その後も、出版した本がことごとくベストセラーになり、アメリカの有名女性司会者のオプラ・ウィンフリーや、CNNのラリー・キングライブなどテレビ出演が続々と増えて行きました。1991年には自らの名前を冠した「マーサ・スチュアート・リビング」と言う雑誌を発行し、ピーク時には200万コピーが売れるほど大人気になったのに続き、1993年には今度は自らの名前を冠したテレビ番組も開始。

あまりの人気を受け1997年には自らがCEOを務める会社「マーサ・スチュアートリビング・オムニメディア」を設立し、その2年後には株式上場も果たしました。ネット通販や雑誌、スーパーマーケットチェーンでの商品販売も爆発的な売れ行きを記録し、1998年の会社の売り上げは実に1億8000万ドル(日本円で約145億円)に上り、一大帝国を築き上げました。

マーサスチュアートさんの雑誌
マーサ・スチュアートさんの雑誌

まさに飛ぶ鳥を撃ち落とす勢いだったスチュアートさんですが、2003年になんと株のインサイダー取引で起訴され、自らの会社のCEOのポジションを辞職せざる得なくなったほか、結局3万ドル(約240万円)の罰金と、刑務所で5ヶ月の禁固刑、5ヶ月の自宅軟禁を受けました。(ちなみに服役中にヨガや織物を教えていたと言うことで、その根性の強さには驚きです!)

出所後、7年は会社に戻ることが許されず、ようやく2011年になって会社に復帰しましたが、テレビ番組が打ち切りになり、出版の売り上げも減るなど業績が低迷していました。

身売り先はアメリカのブランド管理会社「シーケンシャル・ブランズ・グループ」で、4月にはアメリカの人気ポップスターのジェシカ・シンプソンさんのブランドの半分の株式を購入した事でも知られています。

買収額は明らかになっていませんが、18日時点での「マーサ・スチュアートリビング・オムニメディア」の時価総額は3億7000万ドル(日本円で約298億円)でした。

身売り?
身売り?

K-マートなどアメリカの少しお安めのデパートに買い物に行くと、マーサスチュアートさんのブランドの食器、シャワーカーテン、リネンなど生活全般に関わる商品が色々ありますし(しかも結構趣味が良かったりする)、本屋に行くと彼女の顔が表紙になった雑誌が置いてあり、テレビを付けても彼女の番組が放映されているので、まさにアメリカを代表する女性実業家と言う感じでしたが、今回の身売りが事実であるとすれば1つの時代が終わったな、と言う気がします。

身売りは近々発表とウォールストリートは報じていますが、その後のスチュワートさんの行方にも注目が集まりそうです。

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!
 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!