Home » US Politics and Economics / アメリカ政治経済 » 2016年大統領選にジェブ・ブッシュ氏が出馬表明!「ブッシュ家」の名前が重荷、支持率も低下。

2016年大統領選にジェブ・ブッシュ氏が出馬表明!「ブッシュ家」の名前が重荷、支持率も低下。


アメリカのブッシュ前大統領の弟のジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(62)が15日、来年の大統領選挙へ立候補を正式に表明しました。共和党の候補指名争いに名乗りを上げたのはこれで11名となりました。

正式に出馬表明をしたジェブ・ブッシュ氏
正式に大統領選への出馬表明をしたジェブ・ブッシュ氏

地元フロリダ州マイアミの大学で大規模集会に、ノーネクタイ、ノージェケットのカジュアルな姿で登壇したジェブ・ブッシュ氏は「経歴や党派、年功、家族、家族の歴史という理由で大統領になるのに値する人は誰もいない。」「誰の順番でもない。誰もが試されるし、誰にでも門戸は開かれている」と話した上で「今と同じような指導者が、あと4年続くのは見たくない。だから、私は大統領候補になることを決めた。」として正式に大統領選に出馬する意向を表明しました。

また、ブッシュ氏は自らのフロリダ州知事としての仕事ぶりをアピールした上で、年4%の経済成長1900万人の新たな雇用増を達成する事を「大統領としての目標」として掲げました。

集会には3000人が集まった
Facebookより。集会には3000人が集結

大統領を務めた父と兄を持つことはよく知られていますが、ブッシュ氏の小さい頃からの生い立ちは案外知られていないので、ここで簡単に紹介しておきます。

1953年、テキサス州ミッドランド生まれたブッシュ氏は、幼少期はテキサス州ヒューストンで育ちましたが、14歳の時にマサチューセッツ州にある名門のボーディングスクールに入学。17歳の頃に学生交流の一環でメキシコに趣き、英語教師を務めその際、後に妻となるメキシコ人のコロンバさんと出会っています。このためスペイン語には堪能で記者会見も英語とスペイン語の両方を使って開く事がしばしばです。

その後入学したテキサス大学ではラテンアメリカを専攻しわずか2年半で卒業単位を取得。卒業時には成績優秀者として表彰されるほどでした。

妻のコロンバさんと
メキシコ出身の妻のコロンバさんと。Facebookより

卒業後はテキサス商業銀行に入行してベネズエラ・カラカス支店長を務めましたが、1980年には父親の副大統領選のスタッフとして働くために銀行を辞め、政治の世界に足を踏み入れます。その後、フロリダに移り住み、キューバ系移民の友人と共同で不動産事業をおこして大成功するとともに、1986年に州知事選で共和党のボブ・マルティネス候補の当選に尽力したことを受け、1987~1988年までフロリダ州商務長官を務めています。

1994年にはフロリダ州知事選に挑戦。同じ時期に兄のジョージ・ブッシュ氏はテキサス州知事選に出馬しており、世間の予測は「出来の悪いジョージは落選。優等生のジェブは当選」と言うものでした。しかし結果はその逆に。兄の方はそこから大統領への道を着々と歩み始めた一方で、ジェブ・ブッシュ氏は2度目の挑戦で当選し、1999年から2007年の2期に渡りフロリダ州知事を務めました。

ちなみに本名は「John Ellis Bush」で、それぞれの頭文字を取って通称「Jeb」で知られています。

ブッシュ氏は、高い知名度と豊富な人脈、そして資金力から早くから共和党の本命候補とされて来ましたが、アメリカ人の間では「ブッシュ家」と言う同じ一家から3人目の大統領を輩出することへの抵抗感もあり、ブッシュ氏はいかに父や兄とは距離を置きつつ、有権者にアピール出来るかが鍵となっています。

本人もそこは十分承知しており、出馬表明の集会会場には「Bush」の文字はなく、「Jeb! 2016」と自らのファーストネームだけのロゴを掲げたほか、ジェブ氏の家族や母親のバーバラさんは集会に姿を現したものの、父と兄のブッシュ元大統領は出席を見合わせていました。これも本人の意向だと伝えられています。

出馬表明を行った会場にブッシュの文字はなし
出馬表明を行った会場にブッシュの文字はなし。Facebookより

中でも兄のジョージ・ブッシュ大統領が大量破壊兵器があるという間違った情報に基づいて始めたイラク戦争という「負の遺産」はジェブ・ブッシュ氏にとっては悩みの種です。先月にはあるメディアへのインタビューの中で自分が大統領だったとしても「(イラク戦争への開戦を)承認していただろう」と発言。これに対し批判の大合唱がわき上がると、慌てて「我々が今知っている情報を当時知っていれば、私は開戦には踏み切らなかっただろう」と軌道修正し、事実上の発言撤回に追い込まれると言う失態もおかしています。

こうした失言の影響もあってこれまでは共和党候補者の中で常にトップを走っていたものの、徐々に支持が下がり、15日付けの最新の世論調査では支持率は9%と共和党候補の中では同率3位に落ちてしまっています。

最新の世論調査(6月15日 Monmouth)
※リアルクリアポリティックスより
※共和党の大統領候補者に対する支持率
Carson 11%
Walker 10%,
Bush 9%
Rubio 9%
Huckabee 8%
Paul 6%
Cruz 5%
Christie 4%
Trump 2%
Perry 4%
Santorum 3%
Fiorina 2%
Graham 2%
Kasich 1%
Jindal 1%

16日には共和党からは不動産王のトランプ氏も出馬を表明する見通しで、共和党の指名争いは益々混沌としそうです。

Jeb Bush 2016
Facebookより

しかし、先日お会いした「ソフトパワー」で良く知られる国際政治学者でハーバード大学のジョセフ・ナイ教授は大統領選の見通しについて「結局は民主のヒラリーVS共和のブッシュの戦いになるだろう」と予想していました。ブッシュ一家の中でも「最高傑作」とされるジェブ・ブッシュ氏。さあ、今後の行方に注目です!

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!
 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!