Home » DC Information / DC情報 » ワシントンDCで毎年恒例!ゲイやレズビアンのパレード「Pride Parade」が開催♪

ワシントンDCで毎年恒例!ゲイやレズビアンのパレード「Pride Parade」が開催♪


法の下での平等を守る憲法が、どの州に住んでいるかに関わらず、ゲイやレズビアンのアメリカ人に結婚する権利を与えているのかどうかについての最高裁判所の最終判断が今月中にも下される見通しの中、ワシントンDCでは13日、毎年恒例のゲイやレズビアンらのパレード「Capital Pride Parade」が開かれました。今回は写真を中心にお伝えして行きます♪

プライド パレード
Capital Pride Parade

今年で実に40回目を迎えるパレードはレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーのLGBTの人々が自己の性的指向に誇りを持とう!とするパレードで、ワシントンDC内ではゲイらが好んで住む町として知られるDupont Circleで大々的に行われました。

ゲイパレード
パレードの様子

パレードが行われる周辺の建物やお店には、LGBTの尊厳と LGBTの社会運動を象徴するレインボーカラーの旗や装飾が至る所に施され、沿道に集まった15万人近くの観客から終始歓声が上がる中、パレードが華々しく行われました。

マンションからパレードを見る人達
マンションからパレードを見る人達
 

虹色の旗を持つ男性
虹色の旗を持つ男性

パレードには音楽隊やダンサー、企業が支援している山車などが200近く出て、数時間に渡ってDupont Circleを練り歩きました。

華やかなパレード
華やかなパレード
 

着飾った2人のゲイ
お祭り騒ぎ!
 

音楽隊
音楽隊も
 

バスも虹色
バスも虹色に装飾!
 

ピンクのゲイパレード
延々と続くパレード
 

ゲイのカップル
ゲイのカップル

同性愛者間の結婚はアメリカではワシントンDCと35の州で既に合法化されていますが、今月中に連邦最高裁判所が同性婚をアメリカ全州で認めるかどうかの歴史的判断を発表する見通しで、LGBTコミュニティーの間では大きな期待が高まっています。

Pride 2015

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!
 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!