Home » DC Information / DC情報 » お勧め!DCの週末ブランチ⑥隠れ家的ホテルのブランチ@Tabard Inn

お勧め!DCの週末ブランチ⑥隠れ家的ホテルのブランチ@Tabard Inn


週末の美味しいブランチ情報をお伝えしているこのコーナー、今回はブティックホテル「Tabard Inn」の隠れ家的レストランをご紹介します。

1922年にDupont Circleにマリー・ロジャーさんがローハウスを改造してゲストハウスとレストランをオープンしたのがTabard Innの始まりで、当時は女性同士の集まりによく使われていたほか、アートの展示なども行われていたそうです。1928年には更に規模を拡大して本格的にホテルとして営業を開始。

1970年にマリー・ロジャーさんが亡くなった後、新しいオーナーに変わりましたが、Tabard Inn はそのまま引き継がれ、今でも全部で40室あるホテルとして運営されていますが、特に1階にあるアメリカ料理が楽しめる隠れ家的なレストランが人気となっています。

Tabard Inn ホテルの中の様子。
ホテルの中の雰囲気

週末にはブランチ目当ての客で大混雑しているので、必ず事前に予約を取った方が無難です。予約なしで行くと45分〜1時間待ちと言われることもよくあるほど大人気です。

Tabard Inn店内の様子
Tabard Inn店内の様子

中でも特に、このレストランの屋外で食べれるスペースが可愛らしいので、天気のいい日週末にかなり混雑しています。

Tabard Inn屋外の席
Tabard Inn屋外の席
 

Tabard Inn可愛いらしい屋外の席
可愛らしい屋外の席
毎週ブランチメニューも微妙に変わるのですが、Tabard Innで手作りしているドーナツや生ガキなどが前菜として人気です。

ドーナツ
人気の手作りドーナツ
 

Tabard Innの生ガキ
美味しい生ガキ
またメインのコースはオムレツやエッグスベネディクト、キッシュなどの卵料理や、フレンチトーストやホットケーキなどアメリカのブランチらしいメニューのほか、グリッツやガンボなど南部系の料理、フエボスランチェロスなどのメキシコ系料理なども揃っています。

Tabard Innのオムレツ
Tabard Innのオムレツ
 

Tabard Innの付け合わせのサーモン
付け合わせのサーモン
 

Tabard Inn フエボスランチェロス
フエボスランチェロス
また店内をよく見渡してみると様々な絵画が飾られているのも特徴です。中には日本から来たと見られる絵も飾られています。

Tabard Inn店内には日本の絵も
Tabard Inn店内には日本の絵も
店内には、完全個室もあるので大事なお客様のおもてなしの際などにも重宝します。また、週末ブランチ以外でも日曜から火曜日の夜には無料のジャズコンサートも開催されているので、そちらもお勧めです。食事も美味しいので是非お出かけ下さいね。

Tabard Inn
Tabard Inn
 

Tabard Inn
住所:1739 N St. NW, Washington, DC 20036
電話: 202-331-8528

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!
 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!