Home » DC Information / DC情報 » <ワシントンDC・桜祭り2015>石灯籠火入れ式など週末は桜祭りイベントが盛りだくさん!

<ワシントンDC・桜祭り2015>石灯籠火入れ式など週末は桜祭りイベントが盛りだくさん!


全米桜祭りが開催中のワシントンDCでは今週末もタイダルベイスンにある石灯籠の火入れ式など、桜祭り関連のイベントがたくさん行われ、大勢の観光客でにぎわいました。

5日に行われた石灯籠の火入れ式は、日米和親条約締結100周年を記念して1954年に東京都からワシントンDCに寄贈された石灯籠に日米両国の友好関係を象徴するための火を入れる式典で、毎年行われる恒例行事となっています。

ちなみにこの石灯籠は上野の寛永寺にあった360年以上の歴史があるもので、ワシントンDC内では最も古い石造物とされています。

全米50州から選ばれた桜プリンセス
全米50州から選ばれた桜プリンセス

全米50州から選ばれた桜プリンセスも出席し、華やかな雰囲気の中、太鼓のパフォーマンスやお琴による「さくら」の演奏などが披露され、会場を盛り上げました。

太鼓のパフォーマンス
太鼓のパフォーマンス
 

お琴の演奏
お琴の演奏
挨拶に立った佐々江駐米大使は「この火入れ式は桜祭りの中でも最も象徴的なイベントだ。この火は友情、一致団結、平和を象徴するものである」などと挨拶したのに続き、いよいよ石灯籠への火入れ式が行われました。

佐々江大使の挨拶
佐々江大使の挨拶
 

火入れ式
石灯籠に火が入る瞬間!
ワシントンモニュメントをバックに
1954年に日米和親条約締結100周年を記念して東京都が送った石灯籠
また、この週末にはスミソニアンのアメリカ芸術美術館で桜祭りにちなんだ子供達むけのイベントも行われました。その名も「ファミリーセレブレーション」です。

盆踊り
スミソニアンのアメリカ芸術美術館で行われた子供向けのイベント

日本舞踊や盆踊り、太鼓などのパフォーマンスのほか、会場では桜のアートを造るコーナーや、顔に桜のペインティングをしてくれるコーナーなどがあり、子供達はすっかり楽しんでいました。

顔にペインティング!
顔にペインティング!
 

桜のペイントをしてもらった女の子
桜のペイントをしてもらった女の子

ところが、肝心のタイダルベイスンの桜はまだほとんどがつぼみ状態です。満開になるのはまだもう少し時間がかかりそうで、待ち遠しい限りです!

ジェファーソンをバックに桜
タイダルベイスンの桜はまだつぼみです。バックはジェファーソンメモリアル
 

まだつぼみの桜
以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!