Home » US Society / アメリカ社会 » 映画「アメリカンスナイパー」の”伝説の狙撃手”射殺の元海兵隊員に終身刑

映画「アメリカンスナイパー」の”伝説の狙撃手”射殺の元海兵隊員に終身刑


SEALS=アメリカ海軍特殊部隊の元狙撃手で、クリント・イーストウッド監督の映画「アメリカン・スナイパー」のモデルとなったクリス・カイル氏を射殺した元海兵隊員のエディー・レイ・ルース被告(27)の裁判で、アメリカ・テキサス州の裁判所の陪審団は24日、殺人でルース被告に対し、有罪判決を言い渡し、判事は直ちに仮釈放なしの終身刑を宣告しました。

カイルさんはイラク戦争で160人の敵を射殺し「アメリカ軍最強のスナイパー」「伝説の狙撃手」などと呼ばれ、アメリカ帰国後はイラクでの体験などをまとめた著作「アメリカン・スナイパー」を出版。クリント・イーストウッドにより映画化され、大ヒットしました。

映画アメリカンスナイパーのポスター
映画「アメリカンスナイパー」のポスター
名誉除隊後、射撃を通じて帰還兵の精神的な支援に取り組んでいたカイルさんは、ルース被告の母親から「息子を助けて欲しい」と依頼されたのを受け、友人と共に2013年2月にルース被告を射撃場に連れて行ったところ、ルース被告に背後から撃たれ友人と共に殺害されました。当時38歳でした。

裁判で弁護側は2人を殺害した事は認めた上で、「ルース被告は、自分が殺されると思っていた」「戦争に行った後遺症のPTSD(心的外傷後ストレス障害)の影響で統合失調症になり、事件当時、責任能力がなかった」などとして無罪を主張したが、認められませんでした。被告側は判決を不服としており、上告する見通しです。

カイル氏の未亡人のタヤ・カイル氏は有罪判決を受け、「陪審員のみなさんとテキサス州のステファンビルの皆さんに神の祝福がありますように!(God Bless the Jury And good people of Stephenville, Texas!!)」と歓迎する意向を表明した上で、「クリス、あなたは運命の人よ。あなたは私の心の中に生き続けます。(Chris, you are the love of my life. You live on in my heart. You always will)」とのコメントをFacebookに投稿しました。

Good Morning! What a poetic morning when the snow is melting and the winter is thawing out promising a new day. I have a…

Posted by Chris Kyle on 2015年2月25日

Taya Kyleさんの未亡人のタヤさんの投稿

ちょうどアカデミー賞の時期と裁判が重なった事もあり、アメリカの主要メディアは連日のようにこの裁判の行方を詳細に報道していました。アカデミー賞では主要な賞は逃しましたが、日本では21日の公開後、2日間で興行収入が3億円を記録し、世界での興行収入は4億2800万ドル(約513億円 )を突破するなど世界各国で軒並み、史上最大のヒットとなっています。

クリスカイル氏の未亡人のタヤさん
アカデミー賞授賞式に出席した未亡人のタヤ・カイルさん
 

クリス・カイルさんのFacebookはこちらから

 

クリス・カイル氏の著作

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!