Home » US Politics and Economics / アメリカ政治経済 » オバマ大統領の閣僚が「経歴詐称」を認め謝罪!

オバマ大統領の閣僚が「経歴詐称」を認め謝罪!


アメリカ陸軍出身のマクドナルド退役軍人長官が、「かつて特殊部隊に所属していた」と公の場で虚偽発言をしていたことが判明し、長官は24日、謝罪しました。

今年1月、ロサンゼルス市内でホームレスの退役軍人の現状把握のため自ら街頭に立ったマクドナルド長官はテレビカメラが回る中で、特殊部隊出身だというホームレスの男性に対し「何年のことだい?」「私もかつて特殊部隊に所属していたんだよ」と語り掛けました。

このやり取りはしっかりカメラで撮影されていたので、私も見ましたが、きっぱりと「私も特殊部隊に所属していた」と明言していました。しかし実はマクドナルド長官は特殊部隊の訓練課程を修了したものの、空挺師団に配属されただけで、特殊部隊に所属していたことはなかったことがその後判明し、問題となっていました。

マクドナルド長官は記者会見を開き「過ちを犯した。私が言った事は間違いだった。言い訳はできない」と謝罪をした上で、虚偽発言の理由について「元兵士のホームレスの男性と信頼関係を結びたかったから」と説明しました。

ホワイトハウスのアーネスト大統領報道官は「長官は自分の経歴を偽るつもりはなかったと謝罪をした。彼の言葉を信じるし、これが彼の担っている重要な仕事に影響を与えない事を期待している」と述べて表向きは長官は責任を問う必要はないという立場を示しています。一方で下院のミラー退役軍人委員長が虚偽発言に「失望した」と表明するなど、アメリカ議会などからは批判の声が上がっています。

退役軍人省をめぐっては、所管する退役軍人のための病院で患者が長期間診療を待たされた挙げ句に多くの人が死亡したスキャンダルの責任を取って、日系アメリカ人のシンセキ前長官が昨年春に辞任。マクドナルド長官はその後任として就任し、信頼回復に当たってきました。その張本人が逆に退役軍人省の信頼を傷つけた形です。

またマクドナルド長官はこれまでにもテレビ番組に出演し際、「私が長官になってから900人に責任を取らせ解雇した」と豪語していましたが、このうち487人に関しては実は試用期間中の1年未満で契約継続とならなかっただけだったこともその後暴露されており、「発言は語弊がある」として長官の資質自身を問う声も出ています。

確かに省に短期間しかいなかっただけの役人が何年も前からあったスキャンダルの責任をどう取る形で辞めさせられたんだとの疑問が残ります。

こういう発言を見ても、分かるように何でも大げさに自分の手柄を誇張してしまうタイプの人なのではないかと推察されます。名誉挽回には時間がかかりそうです。

Official White House Photo by Pete Souza
Official White House Photo by Pete Souza オバマ大統領と話すマクドナルド退役軍人長官
 

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!