Home » DC Information / DC情報 » バレンタインデーにお勧め!JFKがジャッキーにプロポーズしたレストラン♪<DC情報>

バレンタインデーにお勧め!JFKがジャッキーにプロポーズしたレストラン♪<DC情報>


今日はバレンタインデーです♪日本では女性から男性にチョコレートをあげるのが慣習になっています。一方のアメリカでは女友達の間など同性同士や学校の友達の間などでもプレゼントを贈り合いますが、やはり一番のメインは夫婦間や恋人同士で、男性から愛する女性に何かをプレゼントする日とされています。そんなバレンタインデーにお勧めなレストランがワシントンDCのジョージタウンにあるのでご紹介します!

Martin’s Tarvernと言うレストランなのですが、実はここ、アメリカで未だに人気があるジョン・F・ケネディ大統領がジャクリーヌに求婚した場所でもあるのです!

今では高級住宅街として知られているジョージタウンですが19世紀終わりから20世紀にかけての頃は労働階級者の集まる場所で、ここを拠点に物販などが行われていました。ちょうどその頃、アイルランドからアメリカに1890年代にWilliam S. Martinさんが移住。そしてその孫息子であるWilliam G. Martin さんが大恐慌のさなかの1933年にジョージタウンのど真ん中にオープンしたのがこのMartin’s Tarvernです。

店内の様子落ち着いた雰囲気の店内
2013年に80周年を迎えたMartin’s Tarvernはトルーマン元大統領から、ブッシュ大統領(Jr)まで歴代の大統領が訪れたレストランとしても知られています。

店内に入ってすぐ右手の手前にあるのが、ジョン・F・ケネディ大統領が好んで座ったとされる1人用のブース1「The Rumble Seat」です。当時マサチューセッツ州出身の下院議員や上院議員を務めていたジョン・F・ケネディ大統領は、Martin’s Tarvernからはほんの2ブロック離れた所に住んでおり、毎週日曜日になるとこの席で新聞を読みながらブランチを取っていたと言うことです。

JFKが好んで座った1人用ブース
JFKが好んで座った1人用ブース

その横にあるブース2は、1940年から1950年にかけてよく店を訪れていたニクソン大統領が好んで座っていた場所です。特にこの店名物のミートローフが大好物だったとされ今でも店の名物の1つとしてふるまわれています。

ニクソン大統領のブース
ニクソン大統領が好んで座っていたブース2
 

ニクソン大統領の好物だったミートローフ
ニクソン大統領の好物だったミートローフ
そしてその横にあるブース3がジョン・F・ケネディ大統領ジャクリーンがよく一緒に食事をしていた席です。当時、ワシントンタイムズヘラルド紙の記者としてエリザベス女王の戴冠式の取材から帰って来たジャクリーンに対し、1953年6月24日にJFKがプロポーズをした場所でもあり、「The Proposal Booth」とも呼ばれています!

JFKがジャッキーにプロポーズしたブース
JFKがジャッキーにプロポーズした「The Proposal Booth」
 

JFKがジャッキーにプロポーズしたブースと記されています
JFKがジャッキーにプロポーズした場所と記されています。
このほかにも歴代の大統領が好んで座っていたブースがいくつもありますが、その詳細やレストランの連絡先などは「大統領らの行きつけレストラン」のコーナーのこちらの記事 (←クリック)をご覧下さい♪

バレンタインデーの日など大切な日に是非このレストランを訪れてみて下さいね。JFKと同じ場所でプロポーズするのもロマンチックですよね🎶

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!
 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!