Home » DC Information / DC情報 » 東海岸で唯一の醤油工場の見学に行って来ました♪

東海岸で唯一の醤油工場の見学に行って来ました♪


日本食ブームに乗って、アメリカの食卓でも日本の「お醤油」はすっかり浸透していますが、ワシントンDCから車で約2時間で行けるバージニア州リッチモンドに、東海岸で唯一の醤油工場があるので、このたび工場見学に参加して来ました♪

San-jの醤油工場
San-jの醤油工場

三重県の老舗の醤油メーカー、サンジルシ醸造のアメリカ法人San-Jインターナショナルがアメリカに進出したのが1978年、そして1987年にはバージニア州リッチモンドに工場を建設して以来、この地でアメリカ向けの「たまり醤油」を作りを続けています。

一般的な「濃い口醤油」が原料として小麦と大豆をおよそ半々で用いるのに対し、San-Jが作っている「たまり醤油」は大豆の比率が100%で、小麦を使っていないため「グルテンフリー」商品としてアメリカでの人気に火がつきました。

佐藤社長
創業者から8代目のSan-Jインターナショナルの佐藤隆社長
そんな「たまり醤油」の製造工程を、San-Jインターナショナルの佐藤隆社長が案内してくれました。
大豆を蒸し、麹菌を付けて菌を培養した上で巨大な発酵タンクで5ヶ月半かけてじっくり発酵して行く工程を1つ1つ丁寧に案内して下さり、その途中では、発酵から数日たった液体や、発酵から4ヶ月たった醤油に近づいた液体などもテイスティングさせてもらえ、時間と共に味にコクが出て行くのがわかってとっても楽しい経験でした♪

発酵タンク
巨大な発酵タンク
 

発酵タンク上から見たところ
発酵タンク上から見たところ
醤油を造る工程は実に半年もかかると言う事で、丁寧にじっくり時間をかけて作られた醤油が製品として出荷して行くまでが視覚でもよく分かりました。

醤油を瓶に詰めてる様子
醤油を瓶に詰めてる様子
 

醤油を箱に詰める作業
醤油を箱に詰める作業
バージニア州には多くのワイナリーがあって、訪問すると自社製のワインを試飲できるバーなどが常設されている場合が多いですが、佐藤社長はワイナリーのように、この醤油工場でも醤油のテイスティングができるような「溜まりバー」を将来は作りたいと考えているそうです。

溜まり場
実は、佐藤隆社長にはこの後、長時間に渡ってインタビューもさせて頂き、子供の頃や学生時代、そしてサンジルシ醸造に入り、アメリカに移住して来て以来のお話などを色々伺ったので、そのうちインタビュー記事もワシントンライフスタイルでご紹介したいと思っています♪

ツアーの最後には、佐藤社長からSan-Jグッズのプレゼントを頂きました♪私はオーガニック派なので、実はお醤油はいつもこのSan-Jのオーガニックの溜まり醤油を拙宅でも愛用しています♪コクがあって和食を中心にお料理全般にとても合うので、この現地生産のお醤油を是非試してみて下さいね。ホールフーズで購入出来ますよ!

ツアーの後頂いたお土産
ツアーの後頂いたお土産

なお、このSan-Jの住所や連絡先、工場見学の申し込みの情報なども含め、醤油工場の見学の様子の詳細記事はこちらから(←クリック!)ご覧頂けますので、良かったら読んで下さいね。

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!