Home » DC Information / DC情報 » 女性起業家の講演に行って来ました♪久能祐子さん&K. Shelly Porgesさん<DC講演>

女性起業家の講演に行って来ました♪久能祐子さん&K. Shelly Porgesさん<DC講演>


今日はアメリカン大学で、女性起業家に関する講演があったので出かけて来ました♪

基調講演を行ったのは久能祐子さんと言う日本人です。久能さんはこれまでに成功率が100万分の1で、1回につき15年、しかも費用は800億円から1000億円はかかると言う新薬の開発に夫と共に2回も成功し、日本とアメリカの両方の国で製薬会社を立ち上げて創薬ベンチャーのCEO(最高経営責任者)として財を成した起業家です。

ワシントンDCでは一番有名な日本人と言っても過言ではない久能さんがどうやって起業家として成功して来たのか初めて自分の半生を振り返る講演を行ったのですが、実は近々、「ワシントンライフスタイル」が詳しいお話を久能さんにインタビューする予定なので、ここでは久能さんの半生についてのお話の詳細を控えますが、講演の最後に話していた若者へのアドバイスを記しておきます。

久能祐子さんからのアドバイス↓
「世界は広い。人生は長い」
「明るく」
「前を見据えて」
「足下を固め」
「のびやかに」

久能祐子さんの講演
久能祐子さんの講演の様子

講演の後は同じく女性起業家で、ヒラリークリントン元国務長官に近く、クリントン国務長官時代には国務省で世界の女性の起業家を助けるプロジェクトの上級補佐官なども務めていたK. Shelly Porgesさんもパネリストとして登壇しました。

Shellyさんは語り口調も明確でお話がとても面白かったのですが、なんと言っても一番印象に残ったのは、これまでどうやって仕事と家庭の両立をはかって来たか、の下りでした。

Shellyさんは、「全て手に入れる事は出来ないと言う事を自覚する事(You can’t have it all.)」とまず述べて、優先順位をつける必要性を指摘。その上で「自分の周辺に味方となってくれるチームを作る事。(You have to build your team around you)」そして女性の成功にとっては「どんな人をパートナー(夫)に選ぶ事が非常に重要だ。サポートしてくれる人ではなければ駄目」と強調していました。

実はこれまでも同じような質問を成功している女性達に投げかけて来ましたが、「夫選びが重要」「妻を支えてくれる人、妻の成功に恐れをなさない夫でなければいけない」など、ほとんどの人が同じ事を言ってるので、妙に説得力がありました。

またShellyさんは最後に「何かを選択すれば何かを諦めることになる、と言う事も自覚する事が重要よ。そして1つのドアが閉まったとしてもまた別のドアが開くものです。世界は機会にあふれています。1つの機会がたとえうまく行かなかったとしても、別の機会がきっとうまく行くはずだって事を覚えておいて下さい」と言っていました。
パワフルな女性たちの話を聞くのはやはり刺激になりますね。「1つのドアが閉まったとしても、別のドアが開く事になる」と言う事を信じてこれからも進んで行きたいなと思います♪

 

パネルディスカッションの様子
講演の後に行われたパネルディスカッション。左はK. Shelly Porgesさん

ちなみにShellyさんはヒラリークリントン元国務長官の2016年の大統領選出馬に向け支持を行っている団体(National Finance Co- Chair for the Ready for Hillary PAC )の共同設立者として関わっているので、彼女の今後にも注目して行きたいと思います♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!