Home » DC Information / DC情報 » 宮沢元首相の孫・Sarah LaFleurさんらの女性起業家のイベントへ行って来ました♪<DC講演>

宮沢元首相の孫・Sarah LaFleurさんらの女性起業家のイベントへ行って来ました♪<DC講演>


今日は、2013年に「MM LaFleur」と言う働く女性向けのブランドを立ち上げ、創業者&CEOとして活躍中のSarah Miyazawa LaFleurさんらが出席する、女性起業家についてのパネルディスカッションに行って来ました。

サラさんSarah Miyazawa LaFleurさん

Sarah Miyazawa LaFleurさんは、ミドルネームでも分かるように、実は宮沢元総理のお孫さんにあたります。お母様が日本人、お父様がアメリカ人と言う環境で育ったので、日本語も英語も完璧に話すバイリンガルです。
またハーバード大学卒業の秀才で、卒業後はBain & Companyや、Starwood Capitalなど、コンサルティング会社や投資グループで働いていましたが、一念発起して仕事をきっぱり辞め、自分の夢であるブランドの立ち上げに専念したそうです。
仕事を辞めてから、実際に会社を立ち上がるまで3年(!)もかかり、その間は何度も「どこかに就職した方がいいのかしら」との考えもよぎったようですが、Miyakoさんと言う才能あふれるファッションデザイナーとも組み、無事、2013年に会社の登記までこぎつけました。

まだ若くてとってもチャーミングなのに、自らの名前を冠したファッションブランドを立ち上げるなどなかなかのやり手です。
サラさんは自分の会社を運営することについて「自分の人生、生活をコントロールできるのがいいし、一緒に働きたい人達と一緒にいられるのが楽しい」とも話していました。

ディスカッションの様子女性起業家についてのディスカッションの様子

今夜のパネルディスカッションにはこの他にも佐々江賢一郎駐米大使の奥様でありながら、会議の同時通訳と言うキャリアも持っていらっしゃる佐々江信子さんもパネリストとして登壇しました!

信子さんは、自分の仕事を心から楽しんでいたので、夫が駐米大使に任命されてしまった時には、正直言って「ショックを受けた」そうです。でも、夫や日本のために役立つことができるのなら、と一緒に訪米されましたが、同時に「自分になれる場所が必要」と言う思いから自分の仕事も続けて行くことを決め、実際にその通り行動されています。最近、会議通訳の仕事で日本から帰国したばかりでまだ時差ぼけと言うことでした。(笑)

「駐米大使夫人」と言う重要な役割と、「会議同時通訳」と言うキャリアの両立を一体どうやって実現しているのですか?との会場からの質問に対し、信子さんは「完璧主義でいる必要はない。十分良かったと言うことで満足することよ」と話されていました。

同時通訳のお仕事をされているだけあって、英語もとっても奇麗ですし、話口調もとても品があり、なおかつ控えめで、本当に女性として素敵だと思いました♪

信子さんは政府を通じての女性起業家の支援や、ウーマノミクスの促進にも大変熱心でいらっしゃるようなので、是非今後日本にもこんな女性がいるんだと言うロールモデルとしても、こうしたディスカッションにどんどん出て行って欲しいと思います!

今夜のパネリストたち今夜のパネリストたち。左から2番目が佐々江信子さん

このほか、パネリストとして登壇していて面白かったのはVoltなどの有名レストランを6つも開店し、運営しているHilda Staplesさんです。
Hilda Staplesさんは実子である双子のほかにも、ミャンマーから迎えた養子がなんと5人もいて、計7人のお母さんでもあるのですが、それをもろともせずレストラン経営を手がけている手腕にはビックリです。

ちなみにミャンマーから迎えた養子は、ある日、ミャンマーからアメリカに逃げて来た子供達5人が実の両親を失い、今のアメリカの養子システムだと今後5人がバラバラになって引き取られて行くと言う内容の記事を読み、記者に連絡を取って5人をそのまま家族として養子に迎えることを決意したと言うのです。その行動力&決断力&包容力はなかなか並大抵でできるものではありません。そのあたりをさらりとやってしまうところが器の大きいところとも感じました。

ちなみに彼女が最初に開いたのはバーで、しかもその理由は「家の外に出て飲んだりして楽しく過ごす自分になりたかった」から。当時は今のような大きな規模の会社を経営することは夢にも思ってなかったそうなんです。バーから始めた事業がだんだん規模が拡大して6つのレストランを経営するほどに成長、来年にももう1つレストランを開く予定だそうです。

会場から「起業で失敗するかもしれないと不安」との声には、「失敗を恐れてはいけない。Never Give Upで頑張り続けていれば成功する」などと答えていたのが印象的でした。同時に「全てを手に入れることはできない(You can’t have it all,)と言うことも認識すべき」と指摘していて、やはり優先順位をつけるのが大切なのだなと思いました。

ディスカッションの後は、Sarah Miyazawa LaFleurさんの立ち上げた「MM LaFleur」のショッピングもついていました。とてもシンプルでスタイリッシュなデザインでなかなか素敵な洋服がいっぱいあり、つい結構購入してしまいました(笑)

MM LaFleurの洋服MM LaFleurの洋服

このブランドの特徴は、オンラインで好きなだけ注文して洋服を家まで送ってもらい、気に入らなければ無料で返品出来ると言うシステムで、今人気なサービスは、いくつか自分の好みについての質問に答えると、MM LaFleur側が「こんな服はどうですか?」とトータルコ−ディネートして洋服を提案してくれるものだそうです。
オンラインでもそのうちチェックしてみようと思います♪

以下をぽちっと押して頂けると嬉しいです。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!