Home » US Society / アメリカ社会 » NYの男性医師がエボラ出血熱陽性

NYの男性医師がエボラ出血熱陽性


エボラ出血熱が流行している西アフリカから、最近アメリカのニューヨーク市に戻った33歳の男性医師が23日、エボラ出血熱の検査で陽性反応を示したことが明らかになりました。

CDC=米疾病対策センターも確認作業を進めており、確定すれば、アメリカ国内でエボラ出血熱と診断された患者は4人目で、大都市ニューヨークでは初の患者となります。
Bellevue Hospital スペンサー氏が入院したNYのBellevue Hospital

エボラ出血熱の陽性反応を示したのは、ニューヨーク市在住の緊急救命医のクレッグ・スペンサーさん(33)で、国際医療支援団体「国境なき医師団」の一員として西アフリカ・ギニアで活動していました。17日に帰国した後、発熱や下痢の症状が出たため、救急車でマンハッタンのベルビュー病院(Bellevue Hospital)に運ばれ、隔離されて検査を受けていました。

帰国後のスペンサー氏と密接な接触があった婚約者ら3人に対し、隔離措置が取られています。

スペンサー医師ケビンスペイシー医師

医師は帰国後、空港から自宅に戻るまでタクシーを利用したほか、公園やレストランにも出かけ、22日にはボーリングに出かけるためニューヨークの地下鉄やタクシーを利用していました。しかしニューヨーク市当局は「感染者の近くにいるだけでは感染しない。スペンサー氏は23日朝まで発病していなかった。」などとして冷静な対応を呼びかけています。

問題なのは、スペンサー氏が入国した際、体調に関する問診や体温測定などのチェックを受けたにも関わらず、ケネディ国際空港で強化されたばかりの検疫をすり抜けていたことで、今後も潜伏期間中の旅行者が、アメリカに入国できる可能性もあるため対応の変更が求められそうです。

アメリカでは、リベリア人男性患者がエボラ出血熱で陽性を示し、テキサス州ダラスの病院で治療を受けましたが10月8日に死亡したほか、このリベリア人男性患者を治療中に二次感染した女性看護師2人が感染症の専門設備がある病院に移送され治療を受けています。2人の看護婦の容態は安定していて回復しているとされています。

エボラ出血熱

エボラ出血熱が広がるギニアやリベリア、ライベリア、シエラリオネの西アフリカではこれまでに5000人近い人がこの病気で命を落としています。

以下をぽちっと押して頂けると嬉しいです。宜しくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


About Washington DC Lifestyles

Washington DC Lifestyles
ワシントンのニュースや情報発信サイト「ワシントンDCライフスタイル」に来て下さってありがとうございます! DC在住のスタッフらが地の利を生かして少しでもワシントンDCの魅力を伝えて行けたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!お問い合わせや取材依頼は、お問い合わせフォームから気軽にどうぞ!